WORKS取扱い案件

YouTuber、各インフルエンサー、クリエイター、eスポーツ選手等に関する法律問題

  • YouTube事務所やスポンサー企業との契約締結、金額交渉
  • 各クリエイターとマネジメント会社との契約解除・移籍関係
  • ウェブサイト削除等の肖像権関係
  • 音楽・写真・動画を中心とした著作権関係
  • 芸名に関する権利関係
  • 映画・ドラマ、広告の出演問題
  • コンサートやライブ、試合での権利問題
  • メディア対応、記者会見対応
  • YouTuber・インスタグラマー(インフルエンサー)、eスポーツ選手の顧問弁護士
これらの分野における解決は法律問題にとどまらず、業界慣行を理解した上での契約交渉等が不可欠であり、法律論だけで解決すると逆にトラブルが深刻化することすらあります。だからこそ、実績がある弁護士や法律事務所に依頼しなければなりません。

ADVISOR顧問契約

ヒロシ(芸人)
1972年1月23日熊本県出身。
公式YouTube『ヒロシちゃんねる』は
主にアウトドア動画を公開。
自ら撮影、編集を手掛けている。
登録者数は40万人を超える(2019年6月時点)

レイ法律事務所は、芸能人、アーティスト、スポーツ選手、YouTuber・インスタグラマー(インフルエンサー)から、圧倒的な法律相談及び解決実績があり、また現在YouTuberなど著名人や企業の顧問弁護士も多く担当しております。
様々な法律

YouTuber・インスタグラマー・eスポーツ法務は、労働法、知的財産関連法規(著作権法、商標法)、経済法(独占禁止法、不正競争防止法)等と複数の法律に精通していなければなりません。また逮捕・報道等の刑事事件になることもあるため、刑事分野にも精通していなければなりません。

さらには、業界の特殊事情もあるため、業界の慣習や業界内の事情(業界の人間関係からパワーバランスまで)にも精通しています。

メディアにも頼られる弁護士

レイ法律事務所には日頃よりメディアへ出演し、また、メディアからの取材に対応している弁護士が多数在籍しています。

特に代表弁護士の佐藤大和は、芸能人法務の先駆者として多くの実績があり、芸能人の権利を守る団体の発起人でもあり、メディアを通じ、芸能人やYouTuber、クリエイターの権利の改善に向けてメッセージを発信しています。

佐藤大和弁護士

海外からも信頼される「REIブランド」

レイブランド
  • SMAPの解散について「NYタイムズ」から取材
  • 日本のアイドル事情について (「スウェーデン」の新聞社からの取材)
  • 香港フェニックステレビに日本の弁護士として出演(髙橋知典弁護士)
メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ