クリエイター,YouTuber,ライバー,Vtuberなどの法律問題に強いレイ法律事務所

Q&Aよく寄せられるご質問

マネジメント事務所に関するQ&A

マネジメント契約をする際にどこに気を付ける必要がありますか?
多くのマネジメント契約は、専属契約になっていることから、まずはそのマネジメント会社が信用・信頼できるかどうかが一番大事となります。また、①契約期間(自動更新かどうかも含めて)、②報酬の計算方法(経費が控除された上での配分かどうかも含めて)、③知的財産を含めた各権利の帰属、④その他過度な義務が課されていないか等について気を付ける必要があります。
マネジメント事務所を辞める際に、何に気を付ければいいですか?
①辞める際に、マネジメント事務所から何かしらの書面を提示され、署名押印を求められたとしても、安易に署名押印をしないようにしてください。署名押印をする前に、専門家に内容を確認してもらった方が良いといえます。②途中解約の場合、マネジメント事務所と揉める場合が多いといえます。特に「言った言わない」という事態に発展する場合がありますので、証拠を事前に保存するようにしてください。
マネジメント事務所が考えた芸名(クリエイター名)については、マネジメント事務所に帰属するのですか?
芸名(クリエイター名)については、仮に事務所が考えたとしても、その芸名(クリエイター名)を使用している本人に帰属します(東京高裁令和2年7月10日 事件番号令元(ラ)2075号 判例時報 No.2486)。詳しくは、以下の記事をご覧ください。
V系バンドが「名前」取り戻す 事務所から独立、改名迫られ…東京高裁で逆転決定

広告宣伝契約書に関するQ&A

広告宣伝契約はどこに気を付ける必要がありますか?
まず、①業務内容が十分に特定されているかを確認してください。また、②報酬と支払い時期、③知的財産権の帰属、④損害賠償、⑤その他過度な義務が課されていないか等について気を付ける必要があります。

個人会社設立に関するQ&A

マネジメント事務所を辞めて、個人会社を作ろうと思います。何に気を付ければいいですか?
いくつか気を付けるべきところがありますが、主に代表者(代表取締役)を誰にするかと株主構成には気を付けることが大事となります。なお、個人会社を作られる際、親族が代表者になることが多いといえます。

コラボに関するQ&A

他のクリエイターとコラボをする場合、何に気を付ければいいですか?
コラボに関する契約書を作ることをお勧めします。特に①コラボ動画の掲載期間、②掲載期間後の削除方法、③収益の分配方法、④その他義務等を定めておくことが大事になります。

動画に関するQ&A

動画を掲載する場合、何に気を付ければいいですか?
一番注意が必要なのは、第三者の権利(肖像権、名誉権、著作権等)を侵害していないかとなります。もし第三者の権利を侵害している場合には、訴えられる可能性があることから、第三者が映っている場合、第三者の音楽等をご使用される場合には、気を付ける必要があります。

相談料

90分 22,000円(税込)全国対応、 電話・オンライン相談対応可

※クレジットカードもご利用になれます。
※弁護士費用は、相談内容によって異なります。お気軽に弁護士にご相談ください。

注意点

メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ