文春オンラインにおける報道について

メディア・報道関係者 各位

文春オンラインにおける報道について

文春オンラインにおける記事について

 本日配信の文春オンライン(株式会社文藝春秋運営)において、菅谷哲也氏及び相手方女性とされているA氏(現在、一般人であるため仮名とさせていただきます。)に関する記事が掲載されました。

 当職らは、A氏本人から事情を確認したところ、記事の内容は明らかに事実無根であることを確認いたしました。

 前記のとおり、本件記事の内容は、当事者らの証言及び関係各証拠から、事実無根であることが明らかであり、A氏の名誉及び信用を著しく毀損する記事といえ、明らかに名誉毀損に該当するため、当職らは、現在、文春オンライン(株式会社文藝春秋)に対する刑事及び民事上の法的手続きを検討しております。

 

メディア・報道関係者各位に対するお願い

各メディア・報道関係者・週刊誌等の皆様におかれましては、本人、家族、親族その他関係者に関する取材及び報道等を、本人が一般人であるため、一切しないよう強くお願い申し上げます。

また、テレビ放送につきましても、一般社団法人日本民間放送連盟の放送基準を遵守し、本人の名誉を傷つけるような取扱いはせず、またプライバシーを侵すような取扱いはせず、事実に基づいた正確かつ公平な放送をお願いいたします。

そして、各記事につきましても、本人の名誉権、プライバシー権、肖像権等を侵害しない記事にしていただきたくお願いいたします。

 仮に、一般人である本人の名誉、プライバシー、肖像権等を侵害した場合、刑事もしくは民事上の法的手続き等を検討いたします。

以上

◎担当:レイ法律事務所 (A氏代理人弁護士:山本健太、松下真由美)
※守秘義務・関係者に対する配慮等の関係上、弊所へのご取材をいただいた場合であっても、個別のご取材には応じかねます。追加でお伝えすべきことがある場合には、弊所のホームページ等にて発表させていただく所存でございます。
レイ法律事務所

受付時間 9:00~22:00

お問い合わせフォーム

海外業務

メディア出演情報

レイ法律事務所オフィシャルBLOG

河西邦剛オフィシャルBLOG