お気軽にお電話ください

03-5981-8834

夜間受付あり

メールでのお問い合わせ

【既婚がバレた!】未婚女性との不倫・交際トラブルに強い弁護士

自分は既婚者なのに未婚者女性に…

そして今…

  • 既婚であることがバレてしまった
  • 「奥さんにバラす」「職場に連絡する」と言われている
  • 慰謝料を払ってきれいに別れたい

不法行為です!

不倫は不法行為です!

一人で悩まず、
破滅する前に今すぐお電話を!

相談料

弁護士には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは決してありません。

女性からの連絡や追及を放置しておくと…

  • 不倫相手が相談者の妻に連絡し、すべてを暴露してしまう可能性があります!
  • 女性ないし女性側の弁護士から自宅に書面が届き、家族に知られてしまう可能性があります!
  • 女性が会社に連絡をし、会社の同僚や上司に知られてしまう可能性があります!

あなたが既婚であることを隠して未婚女性と関係を持ったことが広く知られてしまう可能性があります!

弁護士ができること

① 相手女性との交渉

ご依頼者は不倫相手と直接やりとりせずに済みます。また、不倫相手には会社や家族にバラしたら脅迫罪、名誉毀損罪になりうると弁護士から警告します。

② 相手女性との合意書締結

解決金の支払い、口外禁止、誹謗中傷禁止、迷惑行為の禁止といった内容の合意書を締結します。

弁護士に依頼するメリット

  • 奥さんにバレずに解決
  • 職場にバレずに解決
  • 合意書を締結!トラブルを後に残さない

レイ法律事務所が選ばれる理由

① 相手女性の行動、感情を予測した助言が可能

同事例における女性側の相談も多数受けています。事実を知った時の相手女性の感情、今後起こしうる行動などの予測を立てられるからこその助言が可能です。

② 緊急対応可能!

相手の女性が職場や家族に暴露してしまった場合、取り返しがつきません。
レイ法律事務所では緊急性の高さにかんがみ、すぐに相手の女性との交渉を開始するようにしています。

一人で悩まず、
破滅する前に今すぐお電話を!

相談料

弁護士には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは決してありません。

解決までのながれ

電話相談

専門のスタッフが順次お伺いいたしますので、流れにそってお答えください。
弁護士、事務員には守秘義務がありますので、あなたが電話相談の際にお話しされた内容やあなたのお名前、あなたが法律事務所に電話相談したことが外部に漏れることは絶対にありません。
安心してお電話ください。

弁護士による来所相談・方針決定

交際トラブル、不倫トラブルに関する知識・経験が豊富な弁護士があなたの話を詳しく伺います。
あなたと類似事例で相手の女性から慰謝料を請求されたケース、「奥さんや職場に全て暴露する」と言われたケース、相手方との交渉方法等ついてもお伝えいたします。
あなたが他にも質問したいことがある場合には、経験豊富な弁護士が直接お答えします。

契約・交渉の検討

最短:ご相談当日※3日前後かかる場合もあります。

お話を伺い、あなたが弁護士に依頼するとご決断されたとき、相手の女性に送る書面、委任契約書・委任状(弁護士があなたの代理人となる書面)を作成いたします。

※現時点で、相手女性から「今すぐに(あなたの)奥さん・職場にばらす」とのお話を受けているケースの場合、緊急で弁護士が動くことになるため追加費用が発生する場合があります。

相手方との交渉

相手女性の自宅住所が分からない、相手女性の自宅に郵送で送ると2日ほどかかってしまうという場合に備え、弊所では電話、メール、ライン、Twitterなどの通信手段を駆使した交渉を行います。
相手女性の思いや要望を聞き取り、依頼者様の意向を伝えます。

相手方女性と合意書締結

家族、職場への口外禁止、接触禁止、今後の誹謗中傷禁止、今後の慰謝料請求の禁止を盛り込んだ合意書の作成により終局的な解決を!

解決

弁護士費用

着手金 5万5千円(税込)
成功報酬 33万円(税込)~

よくある質問

既婚であることを隠して付き合っていた彼女を妊娠させてしまいました。堕胎の交渉を弁護士に頼めますか?

母親には子供を産む権利があります。また堕胎の交渉は、弊所では弁護士職務倫理上、行うことはできません。

こちらが払わなければいけない慰謝料の相場はどれくらいでしょうか?

50~200万円程度です。ただし、相手を妊娠させてしまった場合、相手が酩酊状態にあることに乗じて関係を持ってしまった場合には、200万円以上になることもあります。

弁護士を入れると、相手女性から自分や家族・職場に連絡はシャットアウトできるのでしょうか?

ご依頼いただきますと、私たち弁護士がご依頼者の代理人になります。相手女性が弁護士を飛び越えてご依頼者本人に接触することは弁護士業務への妨害に当たりますので、できません。
また、弁護士から相手女性に連絡をする際、相手女性が依頼者の家族や職場に連絡することは名誉毀損に当たることを伝えます。

今も相手女性からの連絡がひっきりなしに来ており、精神的に疲弊しています。依頼した場合、どのくらいの目途で動いてくれるのでしょうか?

緊急性が高い場合は、即日ないし翌日、それ以外は翌々日以降になります。

お問い合わせ
電話だけで解決できる場合もございます 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
不倫Q&A
お気軽にお問い合わせください 電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ