職場トイレ内の盗撮行為

相談

大変お恥ずかしい話なのですが職場の女子トイレで盗撮をしたくなりました。動機は私の性癖と若い女性社員を撮影したかったことです。私は、通販サイトで小型カメラを購入したあと、早朝に出社して、勤務先の女子トイレに小型カメラを動画モードにして設置しました。便器の前の部分に目立たないように設置したつもりでした。翌日の早朝カメラを回収しにいこうと女子トイレに入ったら盗撮用の小型カメラがなくなっていました。多分、会社の誰かが小型カメラを回収したのだと思います。今のところはまだ、会社内で騒ぎにはなっていませんが、小型カメラには確実に私の指紋が付いていますし、もしかしたら設置するときに私の顔も映り込んでいるかもしれません。正直、もう後悔しかありません。私は先に会社に名乗り出たほうが良いのでしょうか。会社に残ることは到底できないと思いますが、なんとか逮捕報道を回避し、家族にもバレないようにできればと思います。もうどうしたらいいのか頭を抱えています。

該当しうる罪名

建造物侵入罪(刑法犯)
迷惑防止条例違反(都道府県により正式名称はことなる)

後日逮捕の可能性

おそらく女子社員の誰かが盗撮用の小型カメラを発見したものと思われます。その女子社員が上司に報告し、さらに、上司から警察に通報されている可能性や、その女子社員がそのまま警察に通報する可能性いずれもあり得るでしょう。会社内の盗撮事件は、第三者ではなくまず身内である社員が疑われる傾向にあります。押収された小型カメラのデータを確認する過程で、あなたが犯人であると特定されるのはおそらく時間の問題でしょう。被害届が提出された場合、職場女子トイレ盗撮という行為の悪質性から警察が後日逮捕する可能性も十分にあるといえます。

対策

職場盗撮の事例においては、ほとんどのケースにおいて結果的に職場にはあなたの盗撮を知られてしまうことになります。なので最後まで職場に知られないようにすることはかなり困難です。その場合、懲戒解雇処分になることも十分に考えられます。逮捕を避けるために、職場に知られることは覚悟して職場に先に申し出ることや、警察に自首することが考えられます。また、ある程度逮捕されるリスクは受け入れながらも何もせずに待つという選択肢もあり得るでしょう。その場合顧問契約を提案させていただくこともあります。いずれにしても職場盗撮の場合は、同種事例において会社や被害女性がどのような動きをするかを予想しながら弁護方針を立てることになります。ここは会社の規模や職種等の具体的事情により弁護方針が大きく異なりますので、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士費用

着手金 50万円(税別)~
成功報酬 0円~60万円(税別)

盗撮関連NEWS

2019年11月13日
信用金庫の女子トイレに侵入した疑い、支店長の男逮捕
特に逮捕・報道に至りやすいのが職場でのトイレ盗撮事件の特徴です。小型カメラに指紋も付着していることが多く、またmicroSD内にある余罪データからも犯人特定がされやすい類型です。本件でも事件からおよそ1週間で逮捕に至っていることからも、逮捕報道回避に向けて自首を検討するか否かということになります。職場トイレ盗撮については特に慎重な対応が必要となりますので早期に弁護士に相談することをお勧めします。

ニュースサイト(Yahoo!ニュース):https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191113-00000066-jnn-soci

1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!

電話相談は無料です
お問い合わせフォームへ
個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。
盗撮・のぞきをしてしまい、自首を検討しているあなたへ