相談

普段よく行くコンビニの女性用トイレの便座部分に小型カメラを仕掛けました。大体3時間位はバッテリーがもつタイプの小型カメラだったかと思います。しばらくして、小型カメラを回収しようと思いトイレに入ったら小型カメラがなくなっていました。私はマズいと思い直ぐに店を出たのですが、店を出る直前には店員達が何か話し合っている様子でした。カメラにはおそらく設置するときの私の顔が映っているかと思います。しかも小型カメラには私の指紋や、小型カメラの中のmicroSDには余罪のデータも残っています。被害者は多数いるかと思います。私の姿が報道されてしまうのではないかと不安です。

該当しうる罪名

建造物侵入罪(刑法犯)
威力業務妨害罪(刑法犯)
迷惑防止条例違反(都道府県により正式名称はことなる)

後日逮捕の可能性

小型カメラに映ったあなたの姿から犯人が特定される可能性や、小型カメラに付着した指紋から犯人が特定される可能性があります。また、クレジットカードを使用して店の会計をしている場合には、クレジットカード情報からあなたの氏名や住所が特定される可能性もあります。

盗撮の類型の中でも、いわゆるトイレ盗撮は刑法犯にも該当し、情状も悪く強制捜査になりやすい類型の盗撮事件といえます。

対策

捜査機関に小型カメラが提出されている可能性が高いことからも、放置した場合には後日逮捕の可能性は十分あるといえるでしょう。早期に弁護士同伴で自首することが重要です。警察が逮捕令状を取得する前であれば、逮捕を回避し、職場や家族に知られないように事件を処理することが考えられます。また、店員さんが被害者である等、被害者が特定されている場合に示談交渉を行い被害届の取下げを求めていき不起訴処分の可能性を上げることが考えられます。

弁護士費用

着手金 50万円(税別)~
成功報酬 0円~60万円(税別)

1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!

電話相談は無料です
お問い合わせフォームへ
個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。
盗撮・のぞきをしてしまい、自首を検討しているあなたへ