性行為時の動画が拡散されてしまった!写真・動画をばらまくと脅迫された!弁護士がスピード解決性行為時の動画が拡散されてしまった!写真・動画をばらまくと脅迫された!弁護士がスピード解決

スマホカメラやネットの発達により、誰もがリベンジポルノ性行為時の無許可撮影の被害にあう可能性があります。
しかし、実際には被害にあっても、センシティブな内容であり、かつ、「自分にも非がある」という思いから、誰にも相談できずに一人で悩んでいる方が増えています。

よくある相談内容

  • 家族・職場にバレないか心配
  • ・今後、写真や動画を拡散されないか不安
  • ・写真や動画をネタに脅されている
  • 知人から「これあなた?」と言われてしまった。これ以上拡散されたくない

- リベンジポルノ、無許可撮影 -
当てはまる方は今すぐご相談ください!

  • 元彼・元カノ、元配偶者に拡散された

    「リベンジポルノ」、すなわち、元彼・元カノや元配偶者に、嫌がらせ・復響目的で、交際中・婚姻中に撮影された裸・性行為・自慰行為等の性的な写真・動画をネット上に拡散されてしまった、又、拡散すると脅された
  • SNSやマッチングアプリを通じて知り合った人に拡散された

    SNSのDM、マッチングアプリ(tinder等)、出会い系サイトを通じて知り合った人に、裸・性行為・自慰行為等の性的な写真・動画をネット上に拡散されてしまった、又、拡散すると脅された
  • 過去に撮られた(送ってしまった)性的な写真・動画が流出しないか心配

    相手に求められて、性行為中の撮影を許可してしまった、自慰行為等の性的な写真・動画の自撮りデータを渡してしまった、テレビ電話中にカメラの前で裸を見せてしまったことがあり、そのデータが今後流出しないか不安に思っている
リベンジポルノ等により性的写真・動画がひとたび拡散されると、プライバシーを大きく侵害し、家族・知人・学校・職場への身バレ、将来の結婚への影響など社会生活に多くの影響を与えます。
また、ネット上での拡散は全世界に広がるため、時間の経過とともに被害の回復も困難になります。
そのため、このような被害に対して、迅速に対応する必要があります。
これら被害や不安感の
「スピード解決・解消」に向け、
弁護士がお手伝いをいたします。
まずは、一人で悩まず、
お気軽にご相談ください。
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

拡散・脅迫の被害例

  • 元交際相手しか持っていないはずの性的な写真・動画が、ネット上に掲載されています。
  • マッチングアプリで知り合った人に裸の動画を送ってしまい、それをネタに脅されています。
  • 性的関係を持った相手が勝手に性行為中の様子を動画に撮っていました。消すように伝えたのですが、本当に消してくれたか不安です。
  • 不倫相手に求められて裸の写真を渡してしまいました。そのデータが拡散しないか不安です。関係を解消したいのですが、誰にも相談できません。

弁護士による対応例

森弁護士
スマホとPC
リベンジポルノ等の
被害に強い弁護士が
あなたに代わって
対応いたします!
山本弁護士
1

拡散された画像・動画の削除対応

弁護士が、プライバシー侵害などの法的主張を行い、ウェブサイトやSNSにアップロードされた画像・動画の削除に向けた対応を行います。

なお、ウエブサイトから削除された場合でも、Googleの検索結果などで表示されてしまう場合もありますので、その点への対応も進めていきます。

※海外サイトの画像・動画も削除できる可能性があります。

※投稿者のアカウント凍結に向けた対応も考えられますが、証拠保全・投稿者の特定などその他の対応の進め方にも影響するので、慎重に進めていく必要があります。

2

損害賠償請求(お金の支払いを求めること)

弁護士が、リベンジポルノ等の加害者に対して慰謝料等の請求を行っていきます。
侵害の程度によって請求額が変動しますので、ご相談時に詳細を伺わせていただきます。

3

拡散の未然防止・再発防止のための合意書締結

弁護士が、リベンジポルノ等の加害者に対して、拡散の未然防止・再発防止のための約束、合意書締結に向け交渉いたします。

  • ・データを削除させる、間違いなく削除したことを誓約させる
  • ・二度と同じ行為を行わないことを約束させる
  • ・二度とあなたに関わらないことを約束させる
  • ・約束を破った場合の違約罰を定めておく
4

投稿者特定

リベンジポルノ等の被害に対する慰謝料等の請求、拡散の未然防止・再発防止のための合意書の締結交渉を行うにあたり、投稿者の個人情報が不明であれば、投稿者の特定から始めることになります。

あなたが、相手の電話番号アカウントID等の個人情報を把握している場合、弁護士の利用できる問合せ制度を用いるなどにより、投稿者を特定できないか検討します。

また、裁判手続きにより投稿者を特定することも検討します。ウエブサイトの運営会社等と通信会社とにそれぞれ手続きを行う必要があり、費用と時間はかかります。

5

刑事手続対応

リベンジポルノ等の行為は、刑事罰の対象となる可能性があります。

そこで、弁護士が、被害届や告訴状の提出等の刑事手続きのサポートなどを進め、より強力な手段で被害の拡大を食い止め、再発防止に向けて活動を行ってまいります。

そして、警察の捜査は発信者特定から始まることが多いですが、捜査の進捗について、警察から専門用語で説明を受けることがあります。しかし、そのような用語や発信者特定の仕組みを知らないと、捜査情報を正しく理解することにも苦労します。そこで、あなたに代わり、ネットトラブルに詳しい弁護士が刑事手続きの対応を行うことで、あなたの負担をできる限り軽減いたします。

刑事罰

第三者の目に触れることを知らずに撮影された(そもそも撮影に気付かずに撮られたもの=盗撮されたものも含みます)裸や性的な画像・動画を、そこに映る人が特定される方法でネット上に拡散する行為は、「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」(被害者が18歳未満であれば、「児童買春・児童ポルノ禁止法」も)などにより、刑事罰の対象となり得るものといえます。

なお、「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」では、このような行為について、「三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する」とされています。

また、性的画像・動画の拡散をネタに脅された場合、脅迫罪(刑法222条1項)や強要罪(223条1項)が成立する可能性があります。

性的な画像・動画が
投稿されやすいサイト

  • X(旧Twitter)
  • XVideos
  • Pornhub
  • FC2.com
  • tokyomotion
  • share-videos.se
  • など
LINEの証拠

直ちにやっておくべきこと

LINEの証拠

投稿されている画像・動画やそのアカウント、LINEのやり取りなど被害の状況が削除されてしまうと、その後の対応が難しくなる可能性もあります。
そのため、被害に遭われた場合、直ちに証拠の保存を進める必要があります。

ご相談時に弁護士から、
各ケースに応じた適切な証拠保存についてご案内可能です。

相談料・受付対応時間

  • 初回相談料
  • 着手金0円
  • 成功報酬5万5,000円(税込)~
  • 受付対応時間:平日・土日祝9時~20時
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

リベンジポルノ等の被害状況

  • 警察への相談等件数の推移

    スマホカメラの発達やネットの利便性向上により、リベンジポルノ等の被害状況は年々、増加傾向にあります。
  • 相談等の内容

    ※「その他」は、加害者に画像を所持されているかもしれない 等
  • 加害者との関係

引用:警察庁:「令和4年におけるストーカー事案、配偶者からの暴力事案等、児童虐待事案等への対応状況について

お問い合わせフォーム

    以下のフォームに必要な情報を入力の上、送信ボタンを押してください。

    個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。

    • お名前必須
    • 年齢必須
    • 職業
      ※その他を選択した方はご記入ください。
    • メールアドレス必須
    • 電話番号(ご連絡可能な番号)必須
    • 都道府県
    • 市区町村で構いません
    • 対象URL・アカウント必須

      URL(例) https://~

      アカウント(例) @×××××

    • ご相談希望の日程必須


    • ご相談内容
    • その他

      お聞きになりたい事がございましたらご記載ください