トランスジェンダー 会社との交渉

  • 自認する性別に合わせた服装で働きたい。
  • トランスジェンダーであることを他の従業員に共有しないと採用できないと言われた。
  • これから性別を変更したい。しかし会社の理解が得られるか不安。

会社との交渉

1.まずは、自認する性別に合わせた服装で働きたい、性別を変更しますと会社に申告。

会社の対応が下記のものだった場合
  • 自認する性別に合わせた服装の着用を認めず、戸籍上の性別に合わせた服装を着用するように命令。
  • 自認する性別に合わせた服装で出社したところ、会社が降格処分・異動・解雇などの不利益処分を行った。
  • 会社が、情報共有のために他の従業員にトランスジェンダーであることを公表すると言ってきた。

2.対応策

① 地位確認の訴えを提起・労働審判の申立て
不利益処分の不当性について争う。

② 弁護士を通し会社との交渉

  • 自認する性別に合わせた服装を着用する必要性を説明
  • 会社の命令や不利益処分は不当であることを説明
  • トランスジェンダーであることを他の従業員に知らせることは必要ないこと
  • 他の従業員に知らせた場合に起こり得る損害、懸念等について説明。

初回相談料

無料

弁護士費用

着手金10万8000円(消費税込)~
事案の性質、何を行うか(交渉、調停、裁判等)によって弁護士費用は異なります。
※クレジットカード使用可。
※緊急性・経済状況によっては、分割でのお支払いも可能です。)

お問合せフォーム

お名前必須
※仮名でも構いません
メールアドレス必須
※フリーメールでも構いません
電話番号必須
都道府県
市区町村で構いません
関係性
ご相談希望の日程

第一希望

第二希望

第三希望

ご相談内容
その他、お聞きになりたい事がございましたらご記載ください

お問い合わせ

お電話だけでも解決する場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。
(LGBT部門担当:弁護士 森 伸恵)

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ