学校の問題

「いじめは、いじめた側が100%悪い。」

LGBTであることは、個人の性的自認・性的指向であり、何ら悪いことではありません。

LGBTであることを理由に差別やいじめを受けている場合、加害者に対して謝罪やいじめの停止を求めていくことや、学校に対して対応を要請していくことが考えられます。

文部科学省は、2015年4月に「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細やかな対応の実施等について」と題する通知を全国の教育委員会等に対して発出しています。

この通知では、『性同一性障害に係る児童生徒や「性的マイノリティ」とされる児童生徒に対する相談体制等の充実』を掲げ、

  • 学級・ホームルームにおいては、いかなる理由でもいじめや差別を許さない適切な生徒指導・人権教育等を推進することが、悩みや不安を抱える児童生徒に対する支援 の土台となること。
  • 教職員としては、悩みや不安を抱える児童生徒の良き理解者となるよう努めることは当然であり、このような悩みや不安を受け止めることの必要性は、性同一性障害に係る児童生徒だけでなく、「性的マイノリティ」とされる児童生徒全般に共通するものであること。
  • 性同一性障害に係る児童生徒や「性的マイノリティ」とされる児童生徒は、自身のそうした状態を秘匿しておきたい場合があること等を踏まえつつ、学校においては、日頃より児童生徒が相談しやすい環境を整えていくことが望まれること。このため、まず教職員自身が性同一性障害や「性的マイノリティ」全般についての心ない言動を慎むことはもちろん、例えば、ある児童生徒が、その戸籍上の性別によく見られる服装や髪型等としていない場合、性同一性障害等を理由としている可能性を考慮し、そのことを一方的に否定したり揶揄(やゆ)したりしないこと等が考えられること。
  • 教職員が児童生徒から相談を受けた際は、当該児童生徒からの信頼を踏まえつつ、まずは悩みや不安を聞く姿勢を示すことが重要であること。

と明記されています。

 

お問い合わせ

お電話だけでも解決する場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。
(LGBT部門担当:弁護士 森 伸恵)

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ