アウティングのご相談

菅原弁護士と森弁護士

  • アウティングすると脅されている
  • アウティングされてしまった
アウティングとは
アウティングとは、本人の了承を得ずにその者が公にしていない性自認(自分の性をどのように認識しているかどうか)や性的指向(恋愛や性愛がどのような対象に向かうか)を暴露することを言います。

ご相談例

下記のようなお悩みを抱えていませんか??

  • (例) ネット掲示板に公表すると言われた

    一夜を共にした男性から再度の肉体関係を求められ、断ったところ、相談者がゲイであることをインターネットの掲示板に公表すると言われた。

  • (例) 両親や勤務先にバラすと言われた

    交際していた同性の恋人に別れようと言ったところ、恋人から「自分と別れるのであれば、職場や家族にあなたがレズビアンであることをばらす。」と言われた。私は恋人や数人の友人にしかゲイ・レズビアンであることを伝えておらず、ゲイ・レズビアンであることが知られたら、家族関係が崩壊してしまう。長年勤務した職場も辞めざるを得ない。。。

  • (例) 知人がバラし、噂が広まってしまった

    自分が知らないところで知人が、自分がゲイ・レズビアンであることをばらし、噂が広まっていることを知った。これ以上噂が広まるのを防ぎたい。ばらした知人に対し何らかの請求をしたい。

  • (例) 他の従業員に公表すると言われた

    自分はトランスジェンダーで身体は男性だが外見は女性として生活をしている。就職が決まったところ、就職先から自分がトランスジェンダーであることを他の従業員に公表すると言われた。

アウティングの被害の重大性

昨今、LGBTという言葉を社会で多く耳にするようになり、LGBT当事者の方が自らをLGBTであるとカミングアウトすることも増えてきました。
しかしながら、絶対にLGBTであることを他の人に知られることはできない、LGBTであることを家族や友人・職場の人に知られたらこれまで築き上げた人生・人間関係が全て崩壊する、生きていけないとう当事者の方が多く存在するのも事実です。

アウティングは、暴露されるLGBT当事者の方にとっては、身を切られるほどに辛い、極めて重大なプライバシー侵害。
レイ法律事務所では、アウティングの緊急性・重大性を強く認識しており、最善の解決を目指します。

解決実績

  • 解決実績 1

    アウティングの防止

    会社の上司から、性自認を他の従業員に共有すると言われる。会社に対し、上司の行為がプライバシー侵害に当たると指摘し、アウティングを回避。

  • 解決実績 2

    アウティング投稿の即日削除

    インターネット掲示板で性自認を投稿された事案。弁護士が内容証明を送ったところ、内容証明の到達日に即日、投稿者が削除。

  • 解決実績 3

    謝罪・損害賠償金の回収

    アウティングをした相手方から謝罪を獲得。あわせて損害賠償金を回収。

  • 解決実績 4

    合意書の取得

    相手方から、もうこれ以上相談者に接触しない旨の誓約書を獲得。あわせて再度のアウティング禁止約束も獲得。

レイ法律事務所のポイント

① 緊急性

アウティングすると脅されている場合、実際にアウティングされることを食い止めるために緊急の対応が必要です。
レイ法律事務所ではLGBTの方のご相談を数多くお受けしており、さらにアウティング事例についての豊富な経験があります。よって、ご相談を受けた当日若しくは翌日には弁護士が介入し、対策を講じていきます。

解決までの流れ

② 安心感

安心感

アウティングすると脅されている、アウティングされてしまったご相談者の方の多くが憔悴しきった様子のことが多いです。

レイ法律事務所の弁護士は、アウティングがどれだけアウティングされる人にとって辛いことであるかを深く理解しています。
ご相談時には親身に寄り添った対応をさせていただくことを心がけておりますので、安心してご相談ください。

③ チーム制

レイ法律事務所の弁護士

レイ法律事務所では、相談者様から相手方の属性、性質等を聞きとった上で、相手方の特性により、交渉担当の弁護士を決定します。

複数の弁護士が連携して解決に尽力いたします。

④ プライバシーに配慮した法律事務所

会議室

同性愛であること、トランスジェンダーであることをご家族や知人に伝えていない方もいると思います。

レイ法律事務所は、有楽町線護国寺駅にあり人通りが少ない静かな環境です。

また建物出入り口も、通りに面しておらず、プライバシーに配慮された作りになっております。さらに綺麗なオフィスであるため、落ち着いた雰囲気のなかお話を伺うことができます。

弁護士に依頼するメリット

  • 被害を最小限にとどめる

    LGBTに詳しい弁護士

    専門家のサポートで迅速・被害を最小限にとどめて解決します。アウティングさせない、アウティングの被害拡大を食い止める、すぐに事件に介入。

  • 精神的ストレスの軽減

    LGBTに詳しい弁護士

    専門家の弁護士に相談することで不安や恐怖感の解消につながる。
    また弁護士が代理人となるので、ご依頼様自ら相手方と交渉しなくて大丈夫。

  • トラブルを後に残さない

    LGBTに詳しい弁護士

    弁護士に依頼することで、トラブルを引きずらないかたちで書面を作成し、将来のリスタートに向けた解決を図ることが可能。

Q&A

自分が弁護士事務所に相談したことが他の人に知られることはありますか?

弁護士には守秘義務があります。個人情報を適切に管理しています。外部に漏れることはありません。

相談に行ったらすぐに対応してくれますか。

レイ法律事務所では、アウティング事件の重大性にかんがみ、即日対応を心がけています。

相手方と関係を持ってしまった自分にも落ち度があったのではと考えています。このような場合でも対応はできますか。

アウティングはプライバシー侵害です。アウティングすると脅し、関係を迫ったりすることは脅迫罪や強要罪にも該当します。関係を持ったことを理由にプライバシー侵害、脅迫をしていいことにはなりません。ですので、まずは弁護士にご相談ください。

相手方の連絡が止まずストーカー化しており、警察署にも相談に行こうと思っています。警察署に行く際、弁護士に同行してもらうことはできますか。

はい、できます。警察署によっては、残念ながら性的指向や性自認についての理解が進んでいない・知らない警察官もいます。弁護士が同行する場合、弁護士が依頼者に代わって事件の経緯をお伝えすることも可能です。

弁護士に依頼した場合、いつから相手方と交渉してくれますか。

アウティングすると脅されているケースでは、緊急性が高いですので、ご依頼を受けたその日又は翌日には相手方への内容証明の発送・弁護士から相手方への電話を心がけています。

弁護士に依頼した場合、自分は相手方と対応しなくて良いのでしょうか。相手方との対応に多大な精神的ストレスを感じています。

ご依頼を受けた場合、弁護士がご依頼者様の代理人となって相手方と交渉します。弁護士が窓口になりますので、ご自身で相手方と直接交渉する精神的ストレスは軽減します。

既にアウティングされてしまったのですが、相手方に謝罪と損害賠償を求めることはできますか。

はい、レイ法律事務所では、アウティングされてしまったケースで、相手方から謝罪と損害賠償を得た実績があります。

アウティングした相手方に損害賠償を請求したいですが裁判は避けたいです。

任意交渉の方法により、相手方に対し損害賠償を請求することもできます。また裁判についても、裁判所に閲覧制限申立てすることによって、名前を広く知られることを回避できることがあります。

勤務する会社からアウティングすると言われています。このような事件も対応できますか。

はい。会社によるアウティングは昨今問題になっているケースです。レイ法律事務所では会社によるアウティング事件の実績もありますので、対応しております。詳しくは労働の問題のページもご参照ください。

弁護士費用はいくらくらいですか。

弁護士費用は、アウティングされる前・アウティングされた後、緊急性の度合い、証拠の有無、相手方の属性によっても変わってきます。初回ご相談時に、弁護士から弁護士費用をご案内しますので、まずは無料法律相談にお越しください。

初回相談料

無料
2回目以降のご相談は有料になることもございます。

弁護士費用

着手金50,000円(税抜)~
アウティングは事案の概要、相手方からの脅迫文言、相手方の属性等、様々ですので
弁護士費用は初回来所相談後に決定いたします。
※クレジットカード使用可。
※緊急性・経済状況によっては、分割でのお支払いも可能です。
クレジットカード

ご相談の種類

  • アウティングすると脅されている
  • アウティングされてしまった

お問合せフォーム

お名前必須
※仮名でも構いません
メールアドレス必須
※フリーメールでも構いません
電話番号必須
都道府県
市区町村で構いません
関係性
アウティングされた時期
アウティングの内容
ご相談希望の日程

第一希望

第二希望

第三希望

その他、お聞きになりたい事がございましたらご記載ください

お問い合わせ

お電話だけでも解決する場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。
(LGBT部門担当:弁護士 森 伸恵)

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ