菅原草子(弁護士)


国内、海外を旅行をして、その土地で名産品を食べることが好きであり、食事から人々を健康にしたいという思いから、東北大学農学部、さらに同大学大学院農学研究科に進学し、食品化学分野を専攻。魚類に含まれるDHAやEPAついての研究を行い、大学院在学中には論文を発表している。(『Fish oil changes the lifespan of Caenorhabditis elegans via lipid peroxidation』J Clin Biochem Nutr. 2013 Mar; 52(2): 139–145.)

研究者という職業に魅力を感じながらも、あるとき『弁護士は社会生活における医者である』という言葉に聞いたことから、より直接的に精神面から人々の健康を支えたいと思うに至り、心機一転、弁護士を志す。
今まで法律を学んだことがなかったものの、一から法律の勉強をはじめ、司法試験に合格。

同じ宮城県出身の佐藤大和弁護士の存在を知り、佐藤弁護士が代表を務めるレイ法律事務所の理念に共感し、入所。

大学在学中から、地元テレビ局、アパレルメーカーでアルバイトをしていたことから、著作権をはじめとした知的財産権の問題、映像制作に関する問題、またデザイン・ブランドなどに関連したファッション分野への法的サポートにも強い関心があり、今後事務所として分野を強化していく。

また、将来的には、地元・宮城県、仙台市の助けになりたいとも考えている。

趣味は、国内外を問わずに旅行して、様々な人と会話、交流すること。これまでにヨーロッパ各国をはじめ20か国以上を訪れている。
また、食とデザインへの強い思いから、2019年には代表佐藤大和とともに食を扱う「レイベスタ株式会社」を立ち上げ、食品開発やデザイン業務も行っている。

好きな食べものは、アイスクリーム、チーズ、味噌、鰻、焼きまんじゅう。
所属
東京弁護士会
委員会等
  • 東京弁護士会広報室嘱託(2021年3月~)
出身地
宮城県仙台市
経歴
  • 宮城県第一女子高等学校 卒業
  • 東北大学農学部 応用生物化学科 卒業
  • 東北大学大学院農学研究科 生物産業創成化学専攻食品化学分野 所属
  • 東北大学法科大学院 修了
  • 司法試験合格
  • レイ法律事務所 入所
  • レイベスタ株式会社 取締役就任(2019年3月から)
  • 東京こども専門学校 講師「日本国憲法」担当(2019年4月から)
セミナー
講演実績
取扱案件
・学校・子ども(いじめ、退学・停学、学校事故、その他子どもの権利に関わる事件)
・エンターテイメント(著作権等の知的財産権に関わる事件)
・男女トラブル
・一般民事全般
主な
メディア
出演
法律監修
  • 新潮社「小説8050」(週刊新潮にて連載)
  • フジテレビ「シャーロック」
著書
出版物
『Fish oil changes the lifespan of Caenorhabditis elegans via lipid peroxidation』J Clin Biochem Nutr. 2013 Mar; 52(2): 139–145.