痴漢・強制わいせつをしてしまい、自首を検討しているあなたへ痴漢・強制わいせつをしてしまい、自首を検討しているあなたへ

元検事がいる法律事務所

レイ法律事務所には、東京地方検察の元検事としての経験を有する弁護士が所属しています。警察がどのような流れで捜査を進めるか(逮捕される可能性やタイミング、職場・家族に連絡される可能性等)、警察がどのように取調べをするかの経験を有しており、不起訴獲得、取調べ対応、情報コントロール(職場・家族に知られないための対応)に活かすことが可能です。
電話相談は無料です
メールは24時間受付中

初回相談は何時間でも無料初回相談は何時間でも無料

初回相談はなぜ何時間でも無料にしているのか?

あなたにとって自首は一生に一度あるか否かの人生の大きな選択になります。レイ法律事務所では自首の初回相談には通常2~3時間以上は必要と考えています。30分~1時間以内など限られた時間の中で焦って自首を決めるべきではありません。自首同行の経験豊富な弁護士(※)が、余罪や証拠関係を含めあなたからじっくり事件についてお伺いしたうえで、あなたの事件についての自首のメリットとデメリットを案内します。あなたからのご質問にも全て回答します。

※300件以上の自首同行実績あり(2022年8月時点)

個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。

1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!

  • 電車内・駅での痴漢・強制わいせつ行為
  • 路上での痴漢・強制わいせつ行為
  • 店内での痴漢・強制わいせつ行為
  • 職場内での痴漢・強制わいせつ行為
痴漢・強制わいせつ行為は違法です 痴漢・強制わいせつ行為は違法です
逮捕されてしまうのではないか?報道されてしまうのではないか?公開捜査にならないか?会社に知られないか?家族に知られないか?前科が付かないか?余罪が立件されないか?逮捕されてしまうのではないか?報道されてしまうのではないか?公開捜査にならないか?会社に知られないか?家族に知られないか?前科が付かないか?余罪が立件されないか?

後日逮捕となるきっかけ自首のメリット

  • 1. 防犯カメラの画像識別によって発覚

    防犯カメラは、近年、路上、店内、駅内や電車内等に数多く設置されるようになりました。
    また、AIなどの画像認識技術は、犯人の画像と通行人の画像を一瞬で照合することが可能となっています。
    そのため、防犯カメラの画像を通して、後日、痴漢・強制わいせつの犯人が発覚することがあります。

  • 2. DNA鑑定によって発覚

    近年、DNA鑑定等の科学捜査が進展しています。
    知らぬ間に犯行現場や被害者の着衣等に付着した犯人の髪の毛、体液、血液等のDNA鑑定によって犯人が発覚することもあります。

  • 3. 通報されて発覚

    被害者はもちろんのこと、痴漢・強制わいせつの現場を目撃している第三者から警察に通報されて逮捕されることがあります。

  • 4. 物的証拠によって発覚

    痴漢・強制わいせつをした本人が事件現場に何らかの証拠(カメラ、スマホ、カバン)などを残していた場合、当該物的証拠から犯人が発覚することがあります。

  • 5. 別の事件がきっかけになって発覚

    盗撮・児童買春・つきまとい行為・卑猥言動等の他の犯罪の捜査の過程において、過去の痴漢・強制わいせつの余罪が発覚することがあります。

痴漢・強制わいせつをしたのち逃走し続けていると・・・痴漢・強制わいせつをしたのち逃走し続けていると・・・

警察が被害者・目撃者からの事情聴取、監視カメラの解析、SUICA・PASMO等の入場履歴の解析、自動車ナンバーの解析により犯人を特定し

後日逮捕されてしまう可能性、自宅に警察が来て家族に知られてしまう可能性、職場に警察が来て職場に知られてしまう可能性後日逮捕されてしまう可能性、自宅に警察が来て家族に知られてしまう可能性、職場に警察が来て職場に知られてしまう可能性

痴漢の場合は事件から3年間、強制わいせつの場合は事件から7年間、後日逮捕、自宅や職場での任意同行の可能性があります

※公訴時効は都道府県により異なります

事件直後の後日逮捕ではなく、事件から半年~2年程度経過した時点で後日逮捕される傾向にあります

自首のメリット自首のメリット

  • 自首することで後日逮捕を避けられる可能性が上がります

    自首した場合には多くのケースにおいて後日逮捕がなされず在宅で捜査がなされます

  • 弁護士同伴で自首した場合、あなたの痴漢・強制わいせつ行為が家族・職場に知られません

    弁護士同伴で自首することにより、身元引受人がいなくとも警察から家族や職場に対する連絡を防止することができます

  • 早期の自首により事件化を回避できる可能性があります

    自首した事実を評価され、自首したのちに不起訴処分になった事例があります

レイ法律事務所に相談するメリットレイ法律事務所に相談するメリット

レイ法律事務所では1000件以上の相談実績がありますレイ法律事務所では1000件以上の相談実績があります

1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!

電話相談は無料です
メールは24時間受付中
個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。

解決までの流れ解決までの流れ

電話相談:無料(できるだけ早くご相談ください)電話相談:無料(できるだけ早くご相談ください)

専門のスタッフが順次お伺いいたしますので、流れにそってお答えください

弁護士、事務員には守秘義務がありますので、あなたが電話相談の際にお話しされた内容が外部に漏れることは絶対にありません。お電話のみで解決できる場合もありますのでお気軽にお電話ください。お電話だけでの解決が難しい場合には来所相談をご案内します。

弁護士による来所相談・方針決定:無料(ご相談日の当日)弁護士による来所相談・方針決定:無料(ご相談日の当日)

痴漢・強制わいせつ部門の弁護士があなたの話を詳しくお伺いします。初回相談は何時間でも無料です。

痴漢・強制わいせつ事件について1000件を超えるデータベースをもとに、あなたと類似事例において後日逮捕された事例があるのか否か、報道がありえるのか否か、職場に知られてしまう可能性があるのか否かについてご案内します。あなたが他にも質問したいことがある場合には、経験豊富な弁護士が直接お答えします。

そして、あなたの事件における自首のメリット・デメリットについて理解していただいたうえで、あなたに自首するか否かを決定していただきます。また、弊所では自首しない場合には顧問契約についてご案内する場合もあります。

不安を煽ってくる弁護士にご注意を!

契約・自首準備(ご相談日の当日)契約・自首準備(ご相談日の当日)

自首する場合には、上申書、弁護人選任届等の各種書面を作成し、自首に向けた心がまえについてレクチャーします。当日の持ち物、服装の確認、自首するまでの流れ、自首したあとの流れについても弁護士から具体的にご案内します。 自首準備は初回相談とは別の日に行うことが通常ですが、あなたのご事情によっては初回相談のときに自首準備をすることも可能です(契約翌日等の早期対応には追加費用が発生する場合があります)。

自首決行(ご相談日の翌日)自首決行(ご相談日の翌日)

弁護士同伴で警察署に出頭します。その際、弁護士の方から自首した経緯、逮捕せずに在宅で捜査するべきこと、家族や会社に連絡しないように求めます。逮捕されなければその日に帰宅することが可能です。午前中に弁護士同伴で自首した場合、多くの事例においてその日の昼過ぎから夕方までには釈放される傾向にあります。

レイ法律事務所では原則2人以上の弁護士で対応します。初回相談、書面作成、取調べ対応へのレクチャーなど自首実行に必要な準備について複数の弁護士がチーム制で対応します。最短では相談翌日になりますが、相談当日に自首を行った実績もあります。

被害者との示談交渉(自首から1週間~3か月程度)被害者との示談交渉(自首から1週間~3か月程度)

自首後は警察で1~3回程度の取調べ、検察で1~2回程度の取調べが行われることになります。取調べの日程については弁護士の方で「この日は仕事でどうしても避けてもらいたい」と伝え日程調整をすることも可能です。並行して、弁護士の方で警察や検察からご自宅に通知がいき、ご家族に事件のことが知られることを防止するための手続を進めます。 また、弁護士が示談交渉等の不起訴に向けた弁護活動を進めていきます。女性弁護士と男性弁護士がチームで示談交渉を進めていきます。示談交渉、医療機関への通院、反省文の作成指示等で不起訴に向けた具体的弁護活動を進めていきます。

解決(自首から3か月~1年程度)解決(自首から3か月~1年程度)

自首してから検察官により刑事処分がなされるまで3カ月~1年位かかる場合があります。その間、警察や検察からご自宅や職場に連絡がなされることを弁護士の方で防止するように手続します。また、示談ができず仮に罰金処分になった場合においても裁判所からの通知がご自宅になされないように手続を試みます。家族・職場誰にも知られずに事件を終結させることを目指します。

レイ法律事務所の弁護士費用レイ法律事務所の弁護士費用

着手金、成功報酬着手金、成功報酬

レイ法律事務所が選ばれる理由

  • 1

    豊富な自首実績

    自首に関する法律上の規定はわずかであり、自首についての実務の取扱いについては弁護士の経験が頼りとなります

  • 2

    スピーディーな対応

    相談から自首まで最速1日で対応することができます。後日逮捕が見込まれる事案の場合、自首までの時間が勝負となりますので、一早く方針を立てることが必要となります。

  • 3

    女性による示談交渉・複数チーム制・医療機関との提携

    示談交渉は女性弁護士が担当することがあります。女性弁護士の方が示談交渉に向いている場合もあり、被害者の特性により示談担当の弁護士を選任します。

    レイ法律事務所では再犯防止のために性障害専門医療センター(SOMEC)とも提携しており、専門の医療機関とも提携しながら再犯防止に向けた具体的行動をアピールし不起訴を求めていきます。

  • 4

    報道回避・メディアコントロールに豊富な実績

    レイ法律事務所は痴漢・強制わいせつ事件について豊富な実績を有するだけでなく、報道回避等メディアコントロールにも豊富な実績があります。レイ法律事務所は、痴漢・強制わいせつ事件とメディアコントロールの両方に強い法律事務所です。

  • 5

    全案件をデータベース化し、弁護士間で共有

    データベース

    様々な質問への回答が可能!
    • ・各警察署ごとの捜査手法の違いをデータベース化
    • ・元検事の捜査経験を弁護士間で共有
    • ・示談の交渉方法について弁護士間で共有
    • ・駅での痴漢、路上での痴漢あらゆる類型に対応可能

自首の対応を依頼するなら
どちらの弁護士に頼むべき?

初犯の痴漢、わいせつ事件で起訴され裁判になるのは1%未満です
捜査対応に強い弁護士が痴漢、強制わいせつ事件の自首に向いているといえます
警察がどのように捜査、取調べを
するかは法律に明記されていません
取調べ実務に強い弁護士が痴漢、強制わいせつ事件の自首に適しているといえます

レイ法律事務所が捜査・取調べ実務に強い理由レイ法律事務所が捜査・取調べ実務に強い理由

  • ・自首の相談実績1500件以上
  • ・自首同行の実績が累計300件以上
  • ・元検事(東京地方検察庁等)の弁護士が在籍
刑事部門 弁護士
  • 河西弁護士
  • 舟橋弁護士
  • 菅原弁護士
  • 西山弁護士
  • 浅井弁護士

人生をリスタートしませんか?

痴漢の場合は事件から3年間、強制わいせつの場合は事件から7年間は後日逮捕・報道される可能性があります。

時効期間について、痴漢は道府県にもよりますが3年間、強制わいせつの場合は7年間です。

事件から数年後に後日逮捕・報道された事例もあります。

自首することで自らの罪を償う一歩とし、人生をリスタートしませんか。

1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!1人で迷わず、不確かな情報に迷わされず今すぐお電話を!

電話相談は無料です
メールは24時間受付中
個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。

お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

    以下のフォームに必要な情報を入力の上、送信ボタンを押してください。

    個人情報を適切に管理しておりますので、外部に漏れる事は決してありません。

    • お名前*(仮名でも構いません)
    • メールアドレス*
      (フリーメールでも構いません)
    • 電話番号*
    • お住いの都道府県
    • 市区町村までで構いません
    • 痴漢・強制わいせつをした都道府県
    • 市区町村までで構いません
    • 痴漢・強制わいせつをした日
    • 年齢
    • 職業
    • 捜査段階
    • 家族との関係
    • 目撃者・被害者の有無
    • ご希望の日程
      第一希望

      第二希望

      第三希望
    • その他、お聞きになりたい事が
      ございましたらご記載ください

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
    お名前、メールアドレス、電話番号は必須項目*です。

    レイ法律事務所へのアクセスレイ法律事務所へのアクセス

    護国寺駅(東京メトロ有楽町線)5番出口より 徒歩1分

    • 事務所案内
    • 弁護士紹介
    • アクセス
    • 盗撮ハンター
    • 盗撮特設サイト

    よくある質問Q&A

    身元引受人がいない状態で自首したら警察から家族に連絡されてしまうのではないか?
    そんなことはありません。弁護士同伴であれば、身元引受人なく自首した場合であっても警察から家族に連絡がないまま在宅捜査がなされた事例が多数あります。
    事件から1週間以上経過しており、今さら自首しても遅いのではないか?
    そんなことはありません。痴漢・強制わいせつ事件で逃走していた場合、事件直後ではなく事件から半年~1年半位経過したときに後日逮捕される傾向にあります。事件から数か月経過した後に自首することで逮捕を回避できた事例もあります。